ミナミアメリカオットセイの赤ちゃんの名前を「ひいな」に決定 | 京都水族館

京都水族館TOP > ニュース一覧 > ミナミアメリカオットセイの赤ちゃんの名前を「ひいな」に決定

ニュース

ニュース一覧に戻る

2013年10月21日 お知らせ

ミナミアメリカオットセイの赤ちゃんの名前を「ひいな」に決定

京都水族館では、2013年8月10日(土)~9月16日(月・祝)の期間中、2013年3月12日(火)に産まれた、「ミナミアメリカオットセイ」の赤ちゃんの名前を館内で募集した結果、総数18,217件のご応募をいただきました。ご応募いただいた名前の中から京都水族館のスタッフで何度も協議を重ね、「ひいな」に決定しました。

命名の理由は、京都の「市比賣(いちひめ)神社」で行われる、女子の健やかな成長を願う「ひいな(雛)祭り」が有名なことから、お雛さまのように愛らしく、幸せを与えられるような存在になって欲しいという思いを込めて名づけました。また、京都水族館のオットセイは人懐っこく、アクティブに動きまわる姿から、今後は「京都の遊び・祭り」を連想するキーワードから名付ける予定です。

現在、「ひいな」は生後約7ヶ月を経過し、日に日に成長しています。最近は鳴き声も力強くなってきましたが、ほかのオットセイと比べると小柄で、水中を泳いでいるとすぐにその姿を見つけることが出来ます。
京都水族館で産まれたオットセイの赤ちゃん「ひいな」の生後7ヶ月の愛らしい姿を、ぜひご覧ください。

  • ボロカサゴ
  • ぱっちりとした目が
    チャームポイントの「ひいな」
  • ニュース一覧

とってもお得な年間パスポート 年間パスポート 新規ご購入の方 更新の方

水と共につながる、いのち

京都水族館コラム