3年連続繁殖!「ミナミアメリカオットセイ」の赤ちゃんが2頭誕生! | 京都水族館

京都水族館TOP > ニュース一覧 > 3年連続繁殖!「ミナミアメリカオットセイ」の赤ちゃんが2頭誕生!

ニュース

ニュース一覧に戻る

2015年6月26日 お知らせ

3年連続繁殖!「ミナミアメリカオットセイ」の赤ちゃんが2頭誕生!

『京都水族館』(京都市下京区、館長:下村 実)は、2015年6月11日(木)と6月21日(日)に「ミナミアメリカオットセイ」の赤ちゃんが誕生したことをお知らせします。「ミナミアメリカオットセイ」の赤ちゃんの誕生は一昨年の「ひいな」、昨年の「てまり」に続き3年連続、同時期に2頭の誕生は初となります。

6月11日(木)に誕生した赤ちゃんは体重約4.43㎏・体長約40cmのメスで、産まれてすぐに元気な鳴き声をあげました。母親の「メアリー」に寄り添いお乳を探すしぐさも見られ、その後授乳も確認でき体重も順調に増加しています。

6月21日(日)に誕生した赤ちゃんは体重約4.25㎏・体長約40cmのオスで、母親の「ラズ」は一昨年に「ひいな」を出産した経験があり、落ち着いた様子で赤ちゃんに寄り添っています。また、赤ちゃんも時折鳴き声をあげながらしっかりとお乳を飲んでいます。

現在は母親が落ち着いて子育てに専念できるようバックヤードで飼育しており、赤ちゃんたちが順調に成長していることを確認できた段階で、一般公開や名前の募集を行う予定です。

赤ちゃんたちがすくすくと成長できるよう、温かく見守ってください。

【「ミナミアメリカオットセイ」について】
南アメリカ大陸の太平洋沿岸ペルー中部からブラジル南部に生息します。水上で肢を使い全身の毛を手入れしたり、前肢で舵をとりながら水面で眠るなどの行動が特徴です。成長するとオスは、体長約1.5~2m・体重約120~200kg、メスは、体長約1.2~1.4m・体重約30~40kgになります。オスは5~7年、メスは3年で性成熟をし、自然界では10月~12月が繁殖期で妊娠期間は約1年間といわれています。日本国内での飼育数は少なく、繁殖事例も多くはありません。

  • 母親の「メアリー」とメスの赤ちゃん(生後3日目)
  • 母親の「メアリー」とメスの赤ちゃん(生後3日目)
  • 母親の「ラズ」とオスの赤ちゃん(生後3日目)
  • 母親の「ラズ」とオスの赤ちゃん(生後3日目)
  • あどけない表情の「メアリー」の赤ちゃん
  • あどけない表情の「メアリー」の赤ちゃん
  • ニュース一覧

とってもお得な年間パスポート 年間パスポート 新規ご購入の方 更新の方

水と共につながる、いのち

京都水族館コラム