京都市動物園・京都府立植物園・京都水族館 第6回連携ワークショップ開催11/22(※イベントは終了しました) | 京都水族館

京都水族館TOP > ニュース一覧 > 京都市動物園・京都府立植物園・京都水族館 第6回連携ワークショップ開催11/22(※イベントは終了しました)

ニュース

ニュース一覧に戻る

2015年10月29日 イベント width=

京都市動物園・京都府立植物園・京都水族館 第6回連携ワークショップ開催11/22(※イベントは終了しました)

『京都水族館』(京都市下京区、館長:下村 実)は、『京都市動物園』(京都市左京区、園長:髙山 光史)と『京都府立植物園』(京都市左京区、園長:長澤 淳一)との3園館で2015年3月20日に締結した3園館包括交流連携協定に基づき、第6回連携ワークショップを開催しますのでお知らせします。

3つの施設は、共通コンセプトを「きょうと☆いのちかがやく博物館」と定め、2015年4月から2年間にわたり、それぞれの専門性を活かした展示協力やイベントの共同企画などを通じてその魅力アップを図るため、包括交流連携協定を締結しました。

これまでに京都市動物園のゾウと京都水族館のオットセイのウンチから肥料ができることや植物に対する肥料の役割について学ぶ『ゾウさん、オットセイさんのウンチでバナナを育てる』や、いきもの全般に関する質問や相談にお答えする『夏休みの宿題いきもの相談会』など、3園館が専門性を活かした連携ワークショップを開催してきました。

今回開催する第6回連携ワークショップ『いきものスケール』では、京都市動物園、京都府立植物園、京都水族館の3園館に、京都市青少年科学センターを加え、それぞれの専門職員が京都府立植物園に集い、「いきものの大きさ」をテーマに、各施設が専門性を活かした体験学習を実施します。

3園館は今後も連携による循環モデルの実現および次世代に向けた京都の自然環境継承へ向けて相互連携し、飼育・育成される動植物の生態系保持と京都のさらなる地域活性化に貢献していきます。


3園館包括交流連携協定 第6回連携ワークショップ
『いきものスケール』

1.内  容 :
<京都市動物園>
 キリンの実物骨格標本を並べて組み立てます。
 開催時間 : ①10時00分~ ②13時00分~
 ※9時30分から整理券をお配りします。(定員:先着20名)

<京都府立植物園>
 高所作業車から世界最大の翼を持つ種子(インドネシアに分布する
 アルソミトラ・マクロカルパの種子)を飛ばし、滑空する種子の様子を
 観察します。
 開催時間 : ①11時00分~ ②14時00分~

<京都水族館>
 ダイオウイカの実物標本(するめ)の展示を行います。
 開催時間 : 10時00分~15時00分
 (①10時30分~ ②13時30分~の2回でダイオウイカの解説を行います)

<京都市青少年科学センター>
 大型昆虫の実物標本と昆虫の拡大写真の展示を行います。
 開催時間 : 10時00分~15時00分

2.実施日  :2015年11月22日(日)

※イベントは終了しました。

3.実施時間 :10時~15時

4.実施会場 :『京都府立植物園』大芝生地(北側)
       (左京区下鴨半木町 TEL:075-701-0141)

4.対  象 :小・中学生(事前申込不要)

6.料  金 :無料(ただし植物園入園料は別途必要)

※本ワークショップに関するお問い合わせについては075-414-4281(3園館交流連携事務局)までご連絡ください。 

京都市動物園・京都府立植物園・京都水族館 3園館包括交流連携協定について詳しくは こちら


 

  • 京都市動物園
  • 京都市動物園
  • 京都府立植物園
  • 京都府立植物園
  • 京都水族館
  • 京都水族館
  • ニュース一覧

とってもお得な年間パスポート 年間パスポート 新規ご購入の方 更新の方

水と共につながる、いのち

京都水族館コラム