ニュース

2020.01.21

体長約4.8メートル、重さ約140キロ 京都の海で採集された「ダイオウイカ」を特別展示
2020年1月21日(火)・22日(水)二日間限定※イベントは終了いたしました


京都水族館(京都市下京区、館長:松本 克彦)は、2020年1月21日(火)・22日(水)の二日間限定で、「ダイオウイカ」を特別展示しますのでお知らせします。‌

展示する個体は、体長約4.8メートル、重さ約140キロで、2020年1月20日(月)早朝、京都府丹後半島沖での漁の定置網に入網したものです。当館での展示は、氷で保存した状態のダイオウイカをご覧いただけます。‌

ダイオウイカは、ダイオウイカ科の頭足類で、世界最大のイカとして知られています。その生態は謎に包まれています。漂着の多い地域は冷水と暖水の混合域が多く、日本国内では日本海側の京都府や島根県沿岸、東京湾口、伊豆・小笠原諸島などから漂着記録があります。‌

京都水族館ではこれまでにも、貴重ないきものをとおして、京都の海の多様性を知っていただくことを目的に、ダイオウイカを氷で保存した展示や乾燥標本展示を行っています。氷での保存展示は、5年ぶりで、過去の展示個体より大きいものになります。ぜひ、貴重な「ダイオウイカ」の姿をご覧ください。‌


◆展 示 日:2020年1月21日(火)・22日(水)10時から18時
◆展示内容:採集された状態のダイオウイカを氷で保存して展示します‌
◆展示場所:京都水族館 エントランス (無料エリア)‌

営業時間(年中無休)

9時30分~18時(4月~10月)
9時30分~17時(11月~3月)

※入場受付は閉館の1時間前まで
※日により異なる
※施設点検、気象状況などにより、
臨時休業する場合あり

公式SNSはこちら

  • YouTube
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Line