【ご好評につき延長決定!~3/23】「冬を楽しむインタラクティブアート『雪とくらげ』」を開催12/26~3/13(※イベントは終了しました) | 京都水族館

京都水族館TOP > ニュース一覧 > 【ご好評につき延長決定!~3/23】「冬を楽しむインタラクティブアート『雪とくらげ』」を開催12/26~3/13(※イベントは終了しました)

ニュース

ニュース一覧に戻る

2015年12月17日 イベント width=

【ご好評につき延長決定!~3/23】「冬を楽しむインタラクティブアート『雪とくらげ』」を開催12/26~3/13(※イベントは終了しました)


■「冬を楽しむインタラクティブアート『雪とくらげ』」専用ページへはこちら 


「京都水族館」(京都市下京区、館長:下村 実)は、京都の四季といきものがコラボレーションする「季節を楽しむインタラクティブアート」の第1弾として、京都の冬を表現した「冬を楽しむインタラクティブアート『雪とくらげ』」を2015年12月26日(土)~2016年3月13日(日)の期間に「クラゲゾーン」にて開催しますのでお知らせします。
(ご好評につき「雪とくらげ」を3月23日(水)まで延長決定!)

新展示となる「季節を楽しむインタラクティブアート」は、全国でも有数の美しさを誇る京都の四季の魅力を実際のいきものとのコラボレーションによって表現することで、京都ならではの文化も織り交ぜながら京都の自然美といきものが融合した四季の風景を感じていただけるプログラムです。

第1弾となる「冬を楽しむインタラクティブアート『雪とくらげ』」では、実際のクラゲと映像が調和した水族館ならではの情感あふれる京都の冬の風景をお楽しみいただけます。

クラゲ水槽のまわりの壁や床に投影する映像が人の動きに合わせて変化するインタラクティブ要素を取り入れ、降り積もった雪の上を実際に歩いたかのような足跡がついたり、あふれ出す水の上を歩くと足跡が波紋になって広がる演出などを行います。

また、Air Aroma Japan株式会社(※2)による京都の歴史ある街並みと古都に降るしなやかで柔らかい雪をイメージしたオリジナルのアロマ「雪香(YUKIKYO)」を導入し、みずみずしく華やかで優しい香りが京都の街並みを、白粉(おしろい)を思わせる甘い香りがしなやかで柔らかい雪を表現し、冬の京都が感じられる空間へと導きます。

映像とともに流れる雪景色の静けさをイメージした音楽は、クラゲの拍動のリズムを楽曲のテンポに取り入れており、ゆっくりとしたリズムが凛とした静けさを引き立てます。

また、クラゲが水中を漂う様子が雪が降る風景を思わせることや、クラゲの赤ちゃんのエフィラ(※1)が雪の結晶と形が似ていることから、京都の雪景色をクラゲと重ね合わせて表現しました。京都らしい趣のある景色を背景に、水槽の中を漂うクラゲと深深と舞い降る雪とが調和し、幻想的で美しい京都の冬景色が空間に広がります。

いきものと美しい映像のコラボレーションによる新展示の冬限定インタラクティブアートプログラムを京都水族館でぜひ体感ください。

(※1)エフィラ…ミズクラゲなどのクラゲが成長するに伴って変態する形態のひとつ。

(※2)Air Aroma Japan株式会社…Air Aroma(エアアロマ)は、香りのブランディングという観点から世界100カ国以上で様々な香りの空間をプロデュースし、ソリューションを提供している、香りマーケティングのパイオニアです。エアアロマ独自の技術「コールドエア・ディフュージョン(冷風拡散技術)」で、香りの安全性や品質を保ったまま香りを拡散します。また、IFRA(国際香粧品香料協会)の厳格な国際基準と規制を遵守し、品質・安全性管理を徹底、グローバル基準で安全性が確認されたフレグランスのみを使用しています。

  • 実際のクラゲと映像が調和した水族館ならではの<br />情感あふれる京都の冬の風景
  • 実際のクラゲと映像が調和した水族館ならではの
    情感あふれる京都の冬の風景
  • 足跡が波紋になって広がるなどのインタラクティブアート
  • 足跡が波紋になって広がるなどのインタラクティブアート
  • 雪が舞い降るように漂うクラゲ(ミズクラゲ)
  • 雪が舞い降るように漂うクラゲ(ミズクラゲ)
  • 雪の結晶に形が似ているクラゲの赤ちゃんエフィラ
  • 雪の結晶に形が似ているクラゲの赤ちゃんエフィラ
  • エアアロマジャパンによる京都の街並みなどをイメージした<br />オリジナルアロマを導入
  • エアアロマジャパンによる京都の街並みなどをイメージした
    オリジナルアロマを導入
  • ニュース一覧

とってもお得な年間パスポート 年間パスポート 新規ご購入の方 更新の方

水と共につながる、いのち

京都水族館コラム