4周年記念リニューアル第1弾 新エリア「京の海」が誕生 アマダイ・ハモなどを展示 | 京都水族館

京都水族館TOP > ニュース一覧 > 4周年記念リニューアル第1弾 新エリア「京の海」が誕生 アマダイ・ハモなどを展示

ニュース

ニュース一覧に戻る

2016年4月8日 お知らせ

4周年記念リニューアル第1弾 新エリア「京の海」が誕生 アマダイ・ハモなどを展示

「京都水族館」(京都市下京区、館長:下村 実)は、開業4周年記念リニューアル第1弾として、大水槽を京都の海を再現した水槽にリニューアルし、アマダイやハモなどの京都にゆかりのあるいきものを展示する新エリア「京の海」を2016年4月20日(水)にオープンしますのでお知らせします。

 新エリア「京の海」は、天橋立の内海(阿蘇海)で漁獲される「金樽イワシ」で有名なマイワシの群れなど約50種11,000点が泳ぐ京都の海を再現した大水槽や、京料理の高級食材として知られるアマダイ、京の夏の風物詩として親しまれるハモの展示など、多種多様で京都の食文化にも関わりが深いいきものたちをよりじっくりとご覧いただける内容に一新します。

 また、新エリア「京の海」の誕生を記念して「さかなクン」によるオープニングイベントを開催します。さかなクン自ら京都の海で乗船し採集したアマダイをオープン当日水槽に展示し、水槽完成を盛り上げる予定です。

 さらに、館内サインや入場チケット、年間パスポートなどが和を感じさせる水彩画のデザインに生まれ変わるほか、スタッフユニフォームも緑豊かな京都をイメージしたデザインへと一新します。

 この春はより京都らしく生まれ変わった京都水族館にぜひ足をお運びいただきお楽しみください。


4周年記念リニューアル第1弾 
京都の海を再現した新エリア「京の海」


■豊かな京都の海を再現した大水槽
大水槽では、内陸型水族館としては大規模の幅15m、深さ6m、水量約500tのスケールに天橋立の内海(阿蘇海)で漁獲される「金樽イワシ」でも有名なマイワシの群れをはじめ、コブダイやホシエイなど大型の魚類など約50種11,000点が悠々と泳ぎ、京の海の豊かな海中風景を一望できる内容へと生まれ変わります。

展示開始日 : 2016年4月20日(水)~
展示場所 : 「京の海」1~2階(大水槽)
展示生物 : 約50種11,000点 マイワシ、コブダイ、ホシエイ、
アカエイ、ドチザメ、ネコザメ など

■京都の食文化にも関わりの深いアマダイ・ハモなどを展示
 「ぐじ」と呼ばれ京料理の高級食材として京都の食文化にも関わりが深く、鮮やかなピンク色の体色が目を引くアカアマダイや、京の夏の風物詩として知られるハモなどを展示します。また、秋~冬にかけて漁獲されるアンコウなど京の海の豊かさを象徴するいきものたちを季節ごとに展示し、四季の移り変わりとともに間近でその姿や生態をご覧いただけます。

展示開始日 : 2016年4月20日(水)~
展示場所 : 「京の海」2階
展示生物 : 約20種50点 アカアマダイ、ハモ、アンコウ、マダイ、
ミズダコ、 など


「京の海」の情報発信拠点スペース
「京の海アカデミー」

「京の海」の情報発信拠点となるスペース「京の海アカデミー」が新登場。飼育スタッフが更新する情報や開催されるワークショップなどを通じて、京都の海のいきものを色々な視点から観察し、身近に感じることができます。京の海で漁獲されたダイオウイカの乾燥標本も登場し、通常サイズのイカや人と比べるとその大きさを体感することができます。 また、5月1日(日)からは「京の川」にて「京の川アカデミー」もオープンし、オオサンショウウオを中心に情報発信を行います。

展示開始日: 2016年4月20日(水)~
※「京の川アカデミー」は5月1日(日)からオープン
展示場所 : 「京の海」2階


「さかなクン」による「京の海」誕生記念
オープニングイベントを開催

新エリア「京の海」の誕生を記念して「さかなクン」によるオープニングイベントを開催します。 当日は、さかなクン自ら事前に京都の海に漁に出かけて採集したアマダイを水槽に展示することで「京の海」が完成となり、新水槽のオープンとなります。 ほかに下村実館長とのトークセッションや、お客さまをお迎えしてのグリーティングタイムなど、オープニングを盛り上げます。

開 催 日 : 2016年4月20日(水)
開催時間 : 11時00分~(予定)
開催場所 : 「京の海」 ほか


【リニューアル記念】館内サイン・いきもの紹介パネル、入場チケット・年間パスポート・リーフレット、ユニフォームのデザインを一新

■館内サイン・いきもの紹介パネル
館内の案内サインやいきもの紹介パネルを京都らしい和のイメージを感じさせる水彩画のデザインに一新します。 細部まで詳細に描かれたいきもののイラストでよりわかりやすく館内やいきものの様子をお知らせします。

■入場チケット・年間パスポート・リーフレット
入場チケットや年間パスポート、リーフレットのデザインも館内サインなどと同じく水彩画のデザインによるオオサンショウウオなどのオリジナルイラストに変わります。各種パターンがあり、京都水族館らしく目にも楽しいデザインとなります。

※入場チケット・年間パスポートの新デザインは5月1日(日)から開始となります。

■ユニフォーム
4周年リニューアルを記念してより京都らしさを模索したユニフォームへとデザインを一新します。 「セブンユニフォーム」の協力のもと、同社のユニフォームブランド「HAKUÏ」のデザイナー小野塚秋良氏がデザインした新ユニフォームのテーマカラーは「緑」。三方を山に囲まれた緑豊かな京都において、川や里山など自然あふれる展示からイメージした新デザインは「京都にある水族館」を体現しています。 「京都水族館を代表するいきものであるオオサンショウウオをテーマに、ラガーシャツをコーディネートして、ラギッド(無骨さをかっこいいとするファッション用語)な楽しい印象をデザインしました。」(小野塚秋良氏談) 様々な展示エリアを楽しむことができる水族館内だからこそ、スタッフがお客さまの誘導をしやすいよう視認性にも工夫を凝らし、水族館の現場にもお客さまにも喜ばれる新しいユニフォームです。

  • 京都の海を再現した大水槽
  • 京都の海を再現した大水槽
  • 京都の食文化にも関わりの深いアカアマダイ
  • 京都の食文化にも関わりの深いアカアマダイ
  • 「京の海アカデミー」では京の海で漁獲されたダイオウイカの乾燥標本が登場
  • 「京の海アカデミー」では京の海で漁獲されたダイオウイカの乾燥標本が登場
  • 「さかなクン」によるオープニングイベントを開催
  • 「さかなクン」によるオープニングイベントを開催
  • 水彩画のデザインによる新しい入場チケット
  • 水彩画のデザインによる新しい入場チケット
  • ユニフォームも「緑」をテーマカラーに一新
  • ユニフォームも「緑」をテーマカラーに一新
  • ニュース一覧

とってもお得な年間パスポート 年間パスポート 新規ご購入の方 更新の方

水と共につながる、いのち

京都水族館コラム