関西で唯一(※)!日本で見ることができるクマノミ6種類を展示する「クマノミの洞窟」 | 京都水族館

京都水族館TOP > ニュース一覧 > 関西で唯一(※)!日本で見ることができるクマノミ6種類を展示する「クマノミの洞窟」

ニュース

ニュース一覧に戻る

2016年8月23日 お知らせ

関西で唯一(※)!日本で見ることができるクマノミ6種類を展示する「クマノミの洞窟」

「京都水族館」(京都市下京区、館長:下村 実)は、館内「さんご礁のいきもの」エリアにて日本近海で見ることができるクマノミの仲間6種類すべてを展示する「クマノミの洞窟」を好評展示中です。

「クマノミの洞窟」では、日本で見ることができるクマノミの仲間6種類(クマノミ、ハマクマノミ、カクレクマノミ、ハナビラクマノミ、セジロクマノミ、トウアカクマノミ)を関西で唯一(※)すべて見ることができます。

それぞれのクマノミたちの色や形などの特徴や生態の特徴など種類によってどんな違いがあるのかを見比べることができるほか、イソギンチャクと共生するようすや群れで生活するようすなどを観察していただけます。

この機会にぜひクマノミの魅力をお楽しみください。

(※)京都水族館調べ。

関西で唯一(※)!日本で見ることができるクマノミ
6種類を展示する「クマノミの洞窟」

日本近海で見ることができるクマノミの仲間6種類すべてを展示します。

開催期間:展示中(~終了日未定)
開催場所:「さんご礁のいきもの」
料  金:無料(別途水族館への入場料が必要)
展示生物:クマノミ、ハマクマノミ、カクレクマノミ、ハナビラクマノミ、
     セジロクマノミ、トウアカクマノミ


クマノミについて詳しく知ろう!体験プログラム
「館長のおさかな教室」がパワーアップ

カクレクマノミやナンヨウハギ、チンアナゴにごはんをあげて食べる姿を観察することができる開催中の人気体験プログラム「館長のおさかな教室」が「クマノミの洞窟」の展示を記念してパワーアップ!館長がクマノミの生態や6種類のクマノミの仲間の違いについて教えてくれます。

開催期間:開催中~2016年9月30日(金)の毎日
開催場所:「さんご礁のいきもの」
料  金:無料(別途水族館への入場料が必要)
時  間:各日①10時30分~②11時30分~
定  員:各回5名
対  象:小学生
参加方法:当日受付
     営業開始時間より交流プラザ特設カウンターにて受付開始
     ※定員になり次第受付終了


  • 「クマノミの洞窟」で展示中の6種類のクマノミの仲間
  • 「クマノミの洞窟」で展示中の6種類のクマノミの仲間
    上段左からクマノミ、ハマクマノミ、カクレクマノミ
    下段左からハナビラクマノミ、セジロクマノミ、トウアカクマノミ
  • 6種類の違いを比較して観察できる「クマノミの洞窟」
  • 6種類の違いを比較して観察できる「クマノミの洞窟」
  • 「館長のおさかな教室」下村実館長
  • 「館長のおさかな教室」下村実館長
  • ニュース一覧

とってもお得な年間パスポート 年間パスポート 新規ご購入の方 更新の方

水と共につながる、いのち

京都水族館コラム