かいじゅうゾーン | 京都水族館

京都水族館TOP >  展示ガイド >  かいじゅうゾーン

展示ガイドごろんと横たわる姿が愛らしい海獣たちのすみかかいじゅうゾーン

場内マップ

ミナミアメリカオットセイが岩場で寝たり、泳いだり、コの字型水槽では海の中で一緒に泳いでいるような気分にも。 チューブ状水槽ではゴマフアザラシが行ったり来たり。日あたりのよいデッキからも海の獣「かいじゅう」たちの陸場の様子を観察することができます。

見どころポイント1

オットセイと泳いでいるような不思議な水槽

小さなお子さまの身長にぴったりなコの字型の水槽。大人にはちょっと狭くて天井の低いスペースですが、隠れ家みたいでとびきり楽しい場所です。中に入れば、海の中でオットセイと一緒に泳いでいるような不思議な感覚が味わえます。ドキドキワクワクの好奇心がふくらみます。

見どころポイント2

チューブ状の水槽でアザラシがもっと身近に!

かいじゅうゾーンで一段と目を引くのが、大きなチューブ状の水槽。実は床の下で別の水槽とつながっていて、ゴマフアザラシが自由自在に行ったり来たりできます。チューブ状の水槽から浮かびあがる様子はまるで空を飛んでいるかのよう。ずっと見つめているとアザラシと目が合うかもしれません。

見どころポイント3

かいじゅうたちがのんびり休む姿をデッキから観察

デッキからはオットセイがのんびり休む様子や水面でグルーミングする姿、アザラシが水面から顔をのぞかせる姿などをご覧いただけます。かいじゅうたちとの距離の近さに息づかいまで感じることができます。
 

飼育スタッフからの
コメント!
飼育員からのコメント!

オットセイとアザラシの違いをご存じですか?オットセイには耳たぶがありますが、アザラシにはありません。また丘ではオットセイは四肢(しし)を使って歩きますが、アザラシは前肢(ぜんし)を使って地面をはうように歩きます。京都水族館でかいじゅうを観察して、オットセイとアザラシを見分けてみましょう!

  • 展示ガイドトップ
  • 京の川
  • オットセイ
  • アザラシ
  • ペンギン
  • 京の海
  • さんご礁のいきもの
  • くらげ
  • えび・かに
  • 交流プラザ
  • イルカスタジアム
  • 山紫水明
  • 京の里山

とってもお得な年間パスポート 年間パスポート 新規ご購入の方 更新の方

水と共につながる、いのち

京都水族館コラム