京都市動物園・京都府立植物園・京都水族館 3園館包括交流連携協定を締結  | 京都水族館

京都水族館TOP > ニュース一覧 > 京都市動物園・京都府立植物園・京都水族館 3園館包括交流連携協定を締結 

ニュース

ニュース一覧に戻る

2015年3月16日 お知らせ

京都市動物園・京都府立植物園・京都水族館 3園館包括交流連携協定を締結 

「京都水族館」(京都市下京区、館長:下村 実)は、「京都市動物園」(京都市左京区、園長:秋久 成人)と「京都府立植物園」(京都市左京区、園長:長澤 淳一)と共通コンセプトを「きょうと☆いのちかがやく博物館」と定め、2015年4月から2年間にわたり、3園館包括交流連携協定を締結することとなりました。

「京都市動物園」・「京都府立植物園」・「京都水族館」は、いずれも京都の自然科学系の博物館であり、地球の生命と自然にふれることのできる施設として親しまれてきたところです。

今後は、それぞれの専門性を活かした展示協力やイベントの共同企画などを通じてその魅力アップを図ってゆきます。


京都市動物園・京都府立植物園・京都水族館
3園館包括交流連携協定の概要

■ かけがえのない生態系に関する事業連携

3園館では、それぞれの専門性や持ち前の技術を活かし、さらに交流・連携を通してかけがえのない生態系に関する事業や展示を行っていきます。

・ゾウ・オットセイの糞でできた堆肥でバナナを育成、再びゾウの食物とす
 る循環モデルへの取組
・植物園の高木に並んでキリン骨格標本を展示、キリンの高さを実感する取
 組
・ゾウやペンギンの住む環境の植物園での関係性など展示情報の相互補完
・水族館による水の濾過・水質調査等をテーマとした連携事業・ワークショ
 ップの開催


■ 次世代への京都の自然環境の継承および体験・啓発

こどもたちを対象に、日々いきものと接している職員の指導のもと、自らの手を動かして京都の自然環境を感じ取ることのできる事業を実施していきます。

・「自分でやる」「直に聞く」をテーマにした次世代向けワークショップの
  開催
・3園館合同「夏休みいきもの相談会」の開催 等


■ 幅広い情報発信と職員交流の推進

3園館及び交通局が一体となって相互に情報発信と職員の技術交流を図っていきます。

・情報発信のための共同ホームページの立ち上げと運営
・職員間の技術交流を通したスキルアップと顧客満足度アップ
・情報発信ボードの地下鉄駅への設置
・3園館周遊チケットやスタンプラリーの検討



  • :京都市動物園
  • 京都市動物園
  • :京都府立植物園
  • 京都府立植物園
  • :京都水族館
  • 京都水族館
  • ニュース一覧

とってもお得な年間パスポート 年間パスポート 新規ご購入の方 更新の方

水と共につながる、いのち

京都水族館コラム