黄色変異個体のオオサンショウウオの展示を開始4/29~ | 京都水族館

京都水族館TOP > ニュース一覧 > 黄色変異個体のオオサンショウウオの展示を開始4/29~

ニュース

ニュース一覧に戻る

2015年4月29日 お知らせ

黄色変異個体のオオサンショウウオの展示を開始4/29~

京都水族館(京都市下京区 館長:下村 実)では、「京の川ゾーン」において黄色変異個体のオオサンショウウオの展示を2015年4月29日(水・祝)より開始します。

京都水族館では開館当時より京都市が行う外来種オオサンショウウオ生息状況調査によりDNA検査のため捕獲された個体の一時保管を調査の一環で行っています。黄色変異個体のオオサンショウウオは鴨川にて行われた同調査により捕獲され、DNA検査によって外来種または交雑種か否かを判定するため一時保管として京都水族館に搬入しました。

色彩変異個体のオオンサンショウウオは、遺伝子の異常により細胞内の色素が減少したり欠損することにより出現すると予想されますが、野生では目立つため外敵に襲われる等で生き残る確率は極めて低いと考えられ、大変珍しい個体です。

黄色変異個体のオオサンショウウオの展示により、自然の奥深さやいきものの多様性を身近に感じ、オオサンショウウオへの興味や理解を深めていただくきっかけとなればと考えています。

■展示開始日:2015年4月29日(水・祝)~
■展示場所:「京の川ゾーン」



  • :黄色変異個体のオオサンショウウオ
  • 黄色変異個体のオオサンショウウオ
  • ニュース一覧

とってもお得な年間パスポート 年間パスポート 新規ご購入の方 更新の方

水と共につながる、いのち

京都水族館コラム