「チンアナゴ」のリニューアル展示を開始11/11~、ニコ生中継を実施 | 京都水族館

京都水族館TOP > ニュース一覧 > 「チンアナゴ」のリニューアル展示を開始11/11~、ニコ生中継を実施

ニュース

ニュース一覧に戻る

2015年10月22日 お知らせ

「チンアナゴ」のリニューアル展示を開始11/11~、ニコ生中継を実施

京都水族館(京都市下京区、館長:下村 実)は、「チンアナゴ」のリニューアル展示を「チンアナゴの日」(※)である11月11日(水)から開始しますのでお知らせします。

「チンアナゴ」はウナギ目アナゴ科に属する海水魚の一種です。まるで砂底から生えているように細長い体の半分~頭部を外に出している姿がたいへんユニークないきものです。

今回「チンアナゴ」のリニューアル展示では、これまでの展示より規模を拡大した縦60cm×横150cmの水槽に「チンアナゴ」やその仲間である「ニシキアナゴ」など合計約111個体を展示します。

また、リニューアル展示を記念してニコニコ生放送(株式会社ドワンゴ)での「チンアナゴ生中継@京都水族館」を実施します。

「チンアナゴ生中継@京都水族館」では、京都水族館と同グループのすみだ水族館(東京都墨田区、館長:山内 將生)での「チンアナゴの日」(※)にちなんだ「チンアナゴ51時間生中継@すみだ水族館」の中から数時間を京都水族館より特別生中継し、リニューアル展示準備中から展示開始にわたって「チンアナゴ」のさまざまなようすをご覧いただける予定です。

「チンアナゴ」をさらに身近に観察いただける機会をぜひお楽しみください。

(※)「チンアナゴの日」について
チンアナゴが砂の中から体を出している姿が数字の「1」に似ていることから、1年間で日付に最も「1」が多い11月11日を「チンアナゴの日」として京都水族館と同グループのすみだ水族館が2013年に一般社団法人 日本記念日協会に申請し、認定されました。


「チンアナゴ」リニューアル展示

展示開始日:2015年11月11日(水)
展示場所 :2階「海洋ゾーン」入口


■「チンアナゴ」(狆穴子/spotted garden eel)

ウナギ目アナゴ科。成魚は全長30~40cm程度になる。
西太平洋などの熱帯域に分布し、日本では高知県から琉球列島にかけて生息する。 珊瑚礁域の砂底に生息し、砂底から生えるように細長い体の半分~頭部を外に出して、潮流に運ばれてくるプランクトンなどを待ち構えて捕食する。

ニコニコ生放送「チンアナゴ生中継@京都水族館」

放送日時:2015年11月10日(火)~2015年11月11日(水)

     ①11月10日(火)16時00分~(チンアナゴ水槽紹介 など)
     ②11月10日(火)20時00分~(チンアナゴ水槽投入 など)
     ③11月11日(水)0時00分~(投入後のチンアナゴの様子 など)
     ④11月11日(水)8時00分~(チンアナゴへの給餌 など)

     ※各回約30分を予定

撮 影 者 :株式会社ドワンゴ、株式会社ニワンゴ

U R L  :http://live.nicovideo.jp/watch/lv156051445
     

視聴URLへは こちらから





  • チンアナゴ
  • チンアナゴ
  • 「チンアナゴ生中継@京都水族館」イメージ
  • 「チンアナゴ生中継@京都水族館」イメージ
  • ニュース一覧

とってもお得な年間パスポート 年間パスポート 新規ご購入の方 更新の方

水と共につながる、いのち

京都水族館コラム