「京都・梅小路みんながつながるプロジェクト」「太陽と星空のサーカスin京都梅小路公園」を開催~映画館、アーティストライブ、バザールなど交流の場としての空間を演出~ | 京都水族館

京都水族館TOP > ニュース一覧 > 「京都・梅小路みんながつながるプロジェクト」「太陽と星空のサーカスin京都梅小路公園」を開催~映画館、アーティストライブ、バザールなど交流の場としての空間を演出~

ニュース

ニュース一覧に戻る

2019年2月20日 イベント width=

「京都・梅小路みんながつながるプロジェクト」「太陽と星空のサーカスin京都梅小路公園」を開催~映画館、アーティストライブ、バザールなど交流の場としての空間を演出~

京都・梅小路みんながつながるプロジェクトは、賑わいと交流の創出を目的に、梅小路公園で大型野外イベント「太陽と星空のサーカス in 京都梅小路公園」を、2019年3月16日(土)・3月17日(日)に開催しますのでお知らせします。

「太陽と星空のサーカス」は、今回で五回目の開催です。映画観賞やアーティストによるライブ、バザールやワークショップなどのコンテンツを一堂に楽しむことができるイベントです。
今年はプロマジシャンによるマジックパフォーマンスを見ることができる「魔法のトンガリテント」、子どもたちが気軽に映画の世界に触れられる「太陽と星空のシアター」、ミュージシャンによるライブパフォーマンスを野外で楽しむ「太陽と星空のミュージアム」をお楽しみいただけます。そのほか、アクセサリーや布小物、古着などの選りすぐりの品が集まる「Wonder Bazar(ワンダーバザール)」、大人も子どもも楽しめるワークショップを集めた「あそぶの教室」、そして、こだわりのパンやお弁当などのブース「YUM YUM MARKET(ヤムヤムマーケット)」が登場します。さらに、オリジナルの楽器を作るワークショップも開催し、盛りだくさんの内容となっています。

自然あふれる梅小路公園で、映画やライブの鑑賞、こだわりのショップの散策など、1日中さまざまな体験でお楽しみください。




開 催 日:2019年3月16日(土)・17日(日)
開催時間:11時00分~19時00分(17日は17時00分まで)
開催場所:京都梅小路公園内(芝生広場ほか)
主 催:京都・梅小路みんながつながるプロジェクト(京都・梅小路まちづくり推進協議会)
共 催:京都駅西部エリアまちづくり協議会、下京区140周年記念事業実行委員会
特設ウェブサイトはこちら


1.プロマジシャンによる魔法のパフォーマンスを開催『魔法のトンガリテント + 絵本の家』

トンガリテントの前で、マジックのパフォーマンスを1日数回開催し、魔法つかいによる太陽と星空の不思議体験をお楽しみいただけます。トンガリテントの中には、絵本の図書館が広がるほか、自分の好きな絵本を手に取って、のんびりと読んでいただけるスペースを作ります。

【魔法つかいプロフィール】 魔法つかい:南海子(なみこ)
絵本の中から飛び出してきたようなほのぼのとした南海子マジックは夢や希望にあふれ小さなお子さまから大人まで、楽しく不思議な世界へとお連れします。







2.大人も子どもも一緒になって楽しめるライブパフォーマンス『太陽と星空のミュージアム』

大人も子どもも一緒になって楽しめる、ゲストミュージシャンによるライブパフォーマンスを行います。アルカンサステント(大型テント)の前のライブステージで16日(土)は2組、17日(日)は1組のライブを開催予定です。
※スケジュール詳細は「京都・梅小路みんながつながるプロジェクト」ウェブサイトでご確認ください。


【ゲストプロフィール】
3月16日(土)
YeYe(イエイエ)
2011年に発売されたデビューアルバム『朝を開けだして、夜をとじるまで』は作詞作曲ほか、全ての楽器の演奏までをセルフ・プロデュースで行い、オープニングを飾る「morning」が、α-STATIONを始め、ラジオ関西、鹿児島フレンズFM、FM徳島、FM三重の各局パワープレイに選出され、各方面から高い評価を獲得。さらに、翌年のCDショップ大賞では同作がニューブラッド賞を受賞。また、数々のCMやウェブなどへ楽曲提供を行うなど、その活動の幅を広げている。

畳野彩加 (homecomings)
京都在住の4ピース・バンドhomecomingsのボーカル。海外アーティストとの共演、3度に渡る「FUJI ROCK FESTIVAL」への出演など、2012年の結成から精力的に活動を展開。2017年新たなイベント「New Neighbors」をスタート、Homecomingsのアートワークを手掛けるイラストレーター”サヌキナオヤ”氏との共同企画で彼女たちがセレクトした映画の上映とアコースティックライブを映画館で行っている。また、4月21日全国ロードショーとなった映画「リズと青い鳥」の主題歌を担当。2018年10月24日待望のサード・アルバム『WHALE LIVING』をリリース。

3月17日(日)
蔡忠浩(サイチュンホ)
1975年産まれ、関西出身。bonobosのボーカル&ギターで作詞曲担当でもある。
酸いも甘いも、多少包み隠しながら書く、人間味のある歌詞と、言葉にならない気持ちを音に変換させ、音楽を作り、奏でる。ここ数年はバンドやソロ活動の枠を越え、舞台の音楽監督や映像への音楽提供なども行う。


3.巨大テントでアニメや短編映画を鑑賞できる『太陽と星空のシアター』

太陽と星空のシアターは、子どもたちのための小さな映画館。オリジナル短編映画「太陽と星空のサーカス」をはじめ、選りすぐりのアニメーションを毎日5~10作品を上映予定です。今回は、太陽と星空のミュージアム内にシアターを常設し、ライブパフォーマンスの時間外に上映を予定しています。



4.アクセサリーや雑貨などが並ぶ『ワンダーバザール』、ワークショップ体験『あそぶの教室』、おいしいごはんのお店が連なる『YUM YUM MARKET』

アクセサリー、布小物や帽子、使い込まれたアンティーク家具など選りすぐりのプロダクトが集まる「ワンダーバザール」では、期間中は入れ替わりで多種多様な店舗が出店します。そのほか、大人も子どもも同じ目線で遊び、楽しみ、つくる体験が詰まったワークショップを集めた「あそぶの教室」や、さまざまなおいしいご飯や飲み物、こだわりの手作りパンやお弁当、焼き菓子屋さんが連なる「YUM YUM MARKET」も登場します。



5.子どもたちが自由に音を奏で演奏者になれるミュージックエリア「音楽の森」

「音楽の森」では、岡山県で楽器作りをされている「mori-no-oto(もりのおと)」と一緒に音楽を楽しむことができます。自由に演奏できるエリアには、木琴、音長椅子など、変わった楽器が並びます。さらに、1日数回実施するワークショップでは、オリジナルの楽器を作り、最後に、自分で作った楽器を使って“森のくまさん”を演奏します。

【mori-no-otoプロフィール】
岡山県西粟倉村の豊かな森が創っためぐみの木を使って、楽器を作っています。木を削り楽器を創るワークショップでは、木や森についての関心を高め、自然を大切にする心を育みます。

ワークショップ概要
開 催 日: 2019年3月16日(土)・17日(日)
開催時間:16日 ①11時30分 ②13時30分 ③14時30分 ④16時00分
     17日 ①11時30分 ②13時30分 ③16時00分
所要時間:1時間(30分楽器作り、20分演奏 楽曲:森のくまさん)
料  金:1000円(税込み)※各回限定15名程度
開催場所:「音楽の森」
制作楽器:ウッドカズー、バードコール
※演奏時には、ワークショップに参加していない子どもたちも一緒に演奏可。


○「京都・梅小路みんながつながるプロジェクト(京都・梅小路まちづくり推進協議会)」とは
「京都・梅小路みんながつながるプロジェクト」【代表:三輪 正稔、副代表:似内 隆晃】は、京都駅から梅小路公園周辺までのエリアにおける持続的な回遊性の向上や賑わいづくりに地域の皆さまと一緒に取り組むため、同エリア内に所在する企業や団体などとともに2015年5月11日に発足し、エリア外のお客さまにお越しいただけるよう大型野外イベントの開催やエリアの観光、レジャー情報などの発信などさまざまな取り組みを行っています。

  事務局  西日本旅客鉄道株式会社 京都支社、京都水族館












  • 南海子(なみこ)

  • (左)蔡忠浩(サイチュンホ) (右上)YeYe(イエイエ) (右下)畳野彩加 (homecomings)









  • 【上映イメージ】
  • 【上映作品案:太陽と星空のサーカス】
  • (左上)「ワンダーバザール」イメージ
    (右上)「YUM YUM MARKET」イメージ
    (中央下)「あそぶの教室」イメージ
  • ワークショップイメージ
  • ニュース一覧

とってもお得な年間パスポート 年間パスポート 新規ご購入の方 更新の方

水と共につながる、いのち

京都水族館コラム