すみだ水族館・京都水族館の合同企画 「私の愛するいきもの展」を3月15日から開催 ~水族館スタッフの、少しマニアックで、強すぎる愛。~ | 京都水族館

京都水族館TOP > ニュース一覧 > すみだ水族館・京都水族館の合同企画 「私の愛するいきもの展」を3月15日から開催 ~水族館スタッフの、少しマニアックで、強すぎる愛。~

ニュース

ニュース一覧に戻る

2019年3月11日 イベント width=

すみだ水族館・京都水族館の合同企画 「私の愛するいきもの展」を3月15日から開催 ~水族館スタッフの、少しマニアックで、強すぎる愛。~

オリックス水族館株式会社(本社:東京都港区、社長:似内 隆晃)は、運営する「すみだ水族館」(所在地:東京都墨田区、館長:名倉 寿一)と「京都水族館」(所在地:京都市下京区、館長:下村 実)において、2019年3月15日(金)~4月21日(日)の間、両水族館で働く飼育スタッフが溺愛するいきものへの愛と魅力をさまざまな手法で紹介する「私の愛するいきもの展」を開催しますのでお知らせします。

館内では「愛」をテーマに、当館飼育スタッフに対する「心から愛するいきもの」アンケート結果に基づく、いきものの展示や体験プログラム、飲食の限定メニューなど、いきものをさらに間近に感じられるコンテンツを展開します。
すみだ水族館では、「クロナマコ」と「ナベカ」を、京都水族館では、「ニセクロナマコ」と「カギノテクラゲ」を、期間中に1種類ずつ展示します。飼育スタッフが自ら描いたイラスト付き解説パネルの掲示や、ゆっくりとした動きが特徴の「クロナマコ」「ニセクロナマコ」を24時間撮影したタイムラプス(低速度撮影)映像の放映など、いきものの可愛らしいようすが伝わる工夫を取り入れます。ほかにも、愛するものを募集する参加型体験プログラムや、飼育スタッフが監修し忠実に再現した、見た目にも楽しい飲食の限定メニューも揃えています。
水族館での展示のほかにも、ご自宅などでいきものの情報に触れることができる特設ウェブサイトも登場します。いきものへの強い愛を語る飼育スタッフ対談のほか、「ナベカ」と「カギノテクラゲ」に関する100の質問や、難問クイズに正解すれば入ることができる秘密ページもお楽しみいただけます。

飼育スタッフの愛情から読み解ける、いきものの知られざる魅力をご紹介する両館へお越しください。




すみだ水族館・京都水族館合同企画「私の愛するいきもの展」 イベント概要

「愛」をテーマに、すみだ水族館、京都水族館の飼育スタッフがこよなく愛するいきものを特設展示を通じて生態をご紹介するほか、体験プログラムやイベント限定の飲食メニューなどをお楽しみいただけます。

開催期間:2019年3月15日(金)~4月21日(日)
開催場所:館内各所
開催時間:【京都水族館】午前10時~午後6時
【すみだ水族館】午前9時~午後9時



いきものの生態や魅力をとことん掘り下げた特設ブースが登場

「ナマコはどうやって移動しているの?」など、見ているだけでは気づきにくい、いきものの特徴を解説したパネルを掲示し、飼育スタッフが好きないきものの仕草や動きもイラストで描きます。
さらに、ナマコを24時間撮影したタイムラプス映像や、いきものをさまざまな角度から撮影した約100枚の写真を展示するなど、いきものが本来持つ能力や生態のほか、一歩掘り下げたマニアックな魅力を余すことなく感じていただけます。

開催期間:2019年3月15日(金)~4月21日(日)
開催場所:【京都水族館】2F「交流プラザ」
     【すみだ水族館】5Fすみだステージ前
料  金:無料 ※別途入場料要



(展示生物紹介)
京都水族館
ニセクロナマコ(展示期間:2019年3月15日~3月31日)
棘皮(きょくひ)動物門ナマコ綱楯手目(こうじゅんしゅもく)クロナマコ科。クロナマコと同じく黒い表皮を持つが、砂をまとわない個体もいるため、より黒っぽく見えるのが特徴。強く刺激されるとキュビエ器官と呼ばれる粘着性の強い内臓を吐き出すことで外敵を威嚇する。


カギノテクラゲ(展示期間:2019年4月1日~4月21日)
ヒドロ虫綱淡水クラゲ目ハナガサクラゲ科。触手の先が鉤状に曲がっており、海藻や岩などにくっついて一定の場所に留まりながら流れてくる動物プランクトン(アルテミアなど)などを捕食する。触手は80本程度といわれており、非常に強い毒を持っている。




すみだ水族館
クロナマコ(展示期間:2019年3月15日~3月31日)
棘皮(きょくひ)動物門ナマコ綱楯手目(こうじゅんしゅもく)クロナマコ科。黒色で、体の表面から出される粘液で部分的に砂をかぶる習性がある。砂ごと食べてキレイな砂だけを排出するため、水中をきれいに保つ役割を果たしている。


ナベカ(展示期間:2019年4月1日~4月21日)
スズキ目ギンポ亜目イソギンポ科。英名はElegant blennyで、その名の通り優雅な黄色い体が特徴。函館以南の日本で広く見られる。フジツボや貝殻などを巣穴にする習性があり、小さな穴にも後ろ向きのまま収まることができる。





来館者が“愛するもの”を大募集

「私の愛するものについて語ってください。」というお題で、1枚の用紙につづる思いを来館者から募集します。イベントのテーマである「愛」を共有する、温かい気持ちになる参加型の体験プログラムです。募集した内容は、特設スペース内の掲示ボードでご覧いただけます。

開催場所:【京都水族館】2F「京の海」特設スペース
     【すみだ水族館】5F「ペンギン」特設スペース
      募集方法:特設スペースに設置している応募用紙に「私の愛するもの」について内容を記入し、応募箱へ投函ください。
料  金:無料
※ご応募いただいた全ての内容を掲示できない場合があります。
※選定については、各館の判断をさせていただくことをご了承ください。
※応募用紙に記載いただいた内容を、両館の公式ウェブサイトやSNSなどでご紹介させていただく場合があります。


マニアックな知識の宝庫、特設ウェブサイトを開設

イベント開催に合わせ、特設ウェブサイトが登場します。両館の“ナマコ愛”の強い飼育スタッフによる対談のようすを掲載します。ナマコとの出会いから、普段の生活にまで根付く愛を語っており、スタッフの押し付けがましいほどの愛を感じていただける内容となっています。また、ナベカとカギノテクラゲについての100の質問に飼育スタッフが回答します。さらに、いきものに関する難問に正解した人だけが見ることのできる秘密のページも存在し、いきものへの愛をさらに確かめることができます。

公式ウェブサイトはこちら




京都水族館『偽「ニセクロナマコ」ロール』

今にもお皿の上で動き出しそうな、ニセクロナマコを再現したスイーツロールです。バナナまるごと1本を柔らかいホイップクリームと弾力のある薄い生地で包みこみ、ぐにょぐにょとしたニセクロナマコの感触をリアルに再現しています。

販売期間:2019年3月15日(金)~4月21日(日)
販売場所:2Fハーベストカフェ ※なくなり次第終了
販売価格:480円(税込み)













  • 飼育スタッフの手描きイラストも登場

  • ナマコのタイムラプス映像放映 ※イメージ

  • ニセクロナマコ(左)カギノテクラゲ(右)

  • クロナマコ(左)ナベカ(右)






  • 偽「ニセクロナマコ」ロール



  • ニュース一覧

とってもお得な年間パスポート 年間パスポート 新規ご購入の方 更新の方

水と共につながる、いのち

京都水族館コラム