水族館について

京都水族館とは

コンセプト
「水と共につながる、いのち。」

「海のない京都盆地に、なぜ水族館?」――そう思われる方も多いでしょう。もちろん水族館にとって、海は欠かせない存在です。
しかし、水生生物(すいせいせいぶつ)がくらすのは、海の中だけではありません。

三方を山に囲まれた京都盆地には、山々がもたらす川の恵みがあります。
市内には鴨川(かもがわ)、桂川(かつらがわ)、宇治川(うじがわ)をはじめ、10もの一級河川が流れ、古くから「山紫水明の都(さんしすいめいのみやこ)」として独特の川文化を築いてきました。

たとえば、平安時代にはものを運ぶために川が整備され、川にまつわる和歌が詠(よ)まれました。
桃山時代には川床(ゆか)の風習がはじまり、江戸時代には友禅染(ゆうぜんぞめ)が登場。京の都はこうやって、川と共に歩んできました。

そんなこの地に、2012年3月、初めて水族館ができました。

丹波(たんば)の山々や芦生原生林(あしうげんせいりん)にふった雨がわき水になり、小川になり、やがて大きい川となって、最後は海へ流れこむ。
こうした源流から海にいたるつながりと、多くのいのちが共生する生態系を再現しています。

また、京都水族館では、展示だけにとどまらず、遊びながら学べる体験プログラムを定期的に実施。
京都に住む子どもたちが水と、水に棲(す)むいきものたちと親しめる、そんな総合エデュテインメント※型施設をめざしています。

さらに太陽光発電でCO2の排出量をおさえ、京都の希少種の繁殖をサポートするなど、環境モデル都市を代表する施設として、自然保護にもつとめてまいります。

京都を愛するすべての方に、京都水族館が、かけがえのない存在となりますように。そして、心から楽しんでいただけますように。

山紫水明の街で、あなたをお待ちしています。

※エデュケーション(教育)とエンターテインメント(娯楽)を合わせた合成語。

営業時間

10時~18時(年中無休)

※入場受付は閉館の1時間前まで
※季節により変動あり
※施設点検、気象状況などにより、
臨時休業する場合あり

公式SNSはこちら

  • YouTube
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Line