ニュース

2021.11.17

20種60個の“クラゲランプ”であたたかな空間を演出 「ふゆ恋すいぞくかん」を12月1日より開催~冬限定のイルカパフォーマンスや廃材を使ったオオサンショウウオツリーの展示も~


京都水族館(所在地:京都市下京区、館長:松本 克彦)は、2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)の期間、冬らしいあたたかな空間演出や音楽をお楽しみいただける季節限定イベント「ふゆ恋すいぞくかん」を開催しますのでお知らせします。また、先行して11月20日(土)からは、オオサンショウウオをモチーフにしたクリスマスツリーが登場します。

本イベントでは、昨年に引き続き「くらげのあかりたち」として、水槽で展示する約30種の中から特徴的なクラゲを選び、飼育スタッフ監修のもと職人が作り上げたクラゲ型のランプシェードを装飾展示します。今年は新たに5種が加わり、全20種60個の灯であたたかな空間を演出します。また、顕微鏡を通して見た赤ちゃんクラゲの映像などを公開し、生態に謎が多いとされるクラゲの誕生と成長の秘密に迫ります。
現在開催中のイルカパフォーマンス「YEAH!!」では、冬限定の音楽で会場を盛り上げるほか、イベントと連動した飲食メニューを販売します。

さらに、11月20日(土)~12月26日(日)の期間は、毎年恒例となったオオサンショウウオのクリスマスツリーがミュージアムショップに登場します。今年のテーマは「リサイクル」です。イベントなどで使用したオオサンショウウオぬいぐるみを積み上げ、装飾には廃棄予定だったウエットスーツや長靴などを使用します。また、ツリーの展示に合わせて「マフラー付きオオサンショウウオぬいぐるみ」も店頭とオンラインショップにて数量限定で販売します。

冬ならではの楽しさと思い出づくりをお届けする京都水族館を、ぜひお楽しみください。




■ふゆ恋すいぞくかん概要




水中を漂う姿が美しいクラゲに、冬ならではの演出を通じて親しんでいただきたいという想いのもと、クラゲを象ったガラスのランプシェードによる装飾展示「くらげのあかりたち」や、クラゲの成長をたどる映像展示を企画しました。ひとつひとつ手作りで制作した20種60個のクラゲ型のランプシェードは、色や形が違うクラゲそれぞれの特徴を取り入れ、あたたかな光で特別な空間を演出します。また、クラゲの赤ちゃんを顕微鏡越しで撮影した映像や、日ごとの成長記録映像も公開します。そのほか、期間限定の音楽で盛り上がるイルカパフォーマンスなど、いきものに親しみながら楽しめる、冬ならではのイベントです。




1.飼育スタッフの想いと職人技が織りなす美しいガラス空間「くらげのあかりたち」




「クラゲワンダー」で展示する約30種※のクラゲの中から、20種のクラゲたちが、あたたかい光を放つランプシェードとなって「交流プラザ」の天井を彩ります。新潟のガラス専門店「TAKU GLASS」の職人技と、大きさ、色、形など種類ごとに特徴が異なるクラゲの魅力を伝えたいという飼育スタッフの想いが融合し、水族館ならではの美しい空間を演出します。‌
※ 時期により「クラゲワンダー」の展示種は異なります。‌



くらげのあかりたち(イメージ)

アカクラゲとランプシェード

実施期間:2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)
実施場所:交流プラザ




2.顕微鏡を通して見たクラゲの赤ちゃんや日ごとの成長記録を公開




クラゲは一般的に、ポリプと呼ばれるイソギンチャクのような状態から、形を変えながら成体になります。種類ごとに成長速度や過程は異なり、そうしたクラゲの不思議な姿をマクロレンズで撮影した貴重な記録映像と解説を合わせて、約150インチの大型モニターで展示します。成体へ近づいていく過程を追うことで、新たな発見とクラゲの魅力に近づきます。‌



ミズクラゲの成長過程(イメージ)

実施期間:2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)
実施場所:「クラゲワンダー」出口




3.期間限定の音楽で盛り上がる冬限定のイルカパフォーマンス「YEAH!!」




イルカとトレーナーのコミュニケーションにお客さまも手拍子などで参加し、音楽に合わせて盛り上がるシーンが人気のイルカパフォーマンス「YEAH!!」が、期間限定のクリスマスソングや冬の季節を感じる音楽に切り替わります。さらに、12月24日(金)~26日(日)の3日間は、営業時間を20時まで延長し、夜のイルカパフォーマンスを実施します。夜限定の照明で演出し、キラキラと輝く水面から飛び出すイルカたちのダイナミックなジャンプや、水しぶきなど、冬空の下で幻想的なパフォーマンスをお楽しみいただけます。


夜のイルカパフォーマンス

実施期間:2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)
※イルカパフォーマンス開催スケジュールは、公式ウェブサイトをご覧ください。
※最終入場は閉館の1時間前まで。








4.ユニークな見た目とボリュームでお腹を満たすスパイシーな冬限定のメニューが登場




①びっクラゲ!チリドッグ
パンの間からクラゲが飛び出たような見た目がインパクト
大のチリドッグです。ソーセージの代わりに、クラゲ形の味付けこんにゃくを挟み、チリソースをトッピングしました。優しい甘さのパンと、スパイシーなソース、和風味のクラゲこんにゃくが、意外にマッチする味と食感をお楽しみください。



びっクラゲ!チリドッグ

販売期間:2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)
販売価格:490円(税込み)
販売場所:かいじゅうカフェ


②ハートのキーマカレー‌
おせち料理が続いたお正月明けなどにぴったりなスパイシーカレーが登場します。ハート形にくり抜いた鮮やかな紅色の紅芯大根とチーズをトッピングし、上に目玉焼きを乗せたボリューム満点のキーマカレーです。寒い時期に嬉しい、温かくスパイシーな味をお楽しみください。

 


ハートのキーマカレー

販売期間:2022年1月5日(水)~2022年2月28日(月)‌
販売価格:950円(税込み)‌
販売場所:ハーベストカフェ‌

※売り切れの場合がございます。




■オオサンショウウオで彩る京都水族館のクリスマス




1.リサイクル品で制作した「オオサンショウウオツリー」
2013年より展示し、京都水族館の冬の風物詩にもなっている「オオサンショウウオクリスマスツリー」です。今年は「リサイクル」をテーマに、イベントなどで使用し、保管されていた大小さまざまなオオサンショウウオぬいぐるみ約70個を積み上げツリーの形にしました。装飾には古くなった飼育スタッフのウエットスーツをアレンジし、魚型やクラゲ型のオーナメントを作成しました。そのほか、廃棄予定だった飼育スタッフの長靴や水槽の水を循環するためのポンプに設置していた圧力計なども使用しています。アイデアから制作まで、スタッフのみで作り上げた高さ約2mのクリスマスツリーをお楽しみください。



約2mのオオサンショウウオツリー

展示期間:2021年11月20日(土)~12月26日(日)‌
展示場所:1階ミュージアムショップ‌


2.今年はオオサンショウウオ柄!「マフラー付きオオサンショウウオぬいぐるみ」登場
毎年異なるマフラーの色や柄で大人気の「マフラー付きオオサンショウウオぬいぐるみ」です。全長約130cmのオオサンショウウオぬいぐるみに、今年は赤と緑のクリスマスカラーを基調にオオサンショウウオのからだの模様をモチーフにした柄と、オオサンショウウオのイラストがデザインされたマフラーを巻きました。クリスマスのプレゼントとしても人気の数量限定商品です。マフラーは単品でもお求めいただけます。



マフラー付きオオサンショウウオぬいぐるみ


オオサンショウウオ柄のマフラー

販売開始:2021年11月20日(土)午前10時~
※限定数に達し次第販売終了。お一人さま 2 個まで。
販売場所:1階ミュージアムショップ(限定50個)
オンラインショップ(限定150個)
販売価格:1階ミュージアムショップ 14,850円(税込み)
オンラインショップ 16,000円(税・送料込み)

商品ページはこちら

【マフラー単品】
販売開始:2021年11月20日(土)午前10時~
※限定数に達し次第販売終了。お一人さま 2 個まで。
販売場所:1階ミュージアムショップ(限定50個)
オンラインショップ(限定150個)
販売価格:1階ミュージアムショップ 3,400円(税込み‌
オンラインショップ 3,400円(税込み・送料別途)
※マフラー単品は完売いたしました

公式SNSはこちら

  • YouTube
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Line